グルコサミンについて

【必読】グルコサミンサプリメントの注意点やデメリットとは!?

投稿日:2017-06-19 更新日:

私たちの毎日の働きをサポートするとして、さまざまなサプリメントや健康食品にグルコサミンが配合されるようになりました。

健やかな歩みの為にも、飲み始めようかな?と思っている方は多いのではないですか?

比較的安全性の高い成分としてグルコサミンは有名ですが、グルコサミンサプリメントを利用するにあたって、注意が必要となる場合もあります。

それは、アレルギーを持っている方や現在なにか他の薬を服用している方です。

グルコサミンサプリメントを使用する前に自分が飲んでもいいのかどうか確認しておきたいですよね。

そこで、グルコサミンやグルコサミンと一緒に配合されていることの多いコンドロイチンの安全性やデメリット、摂取する上で注意したい点などを詳しくご紹介致します。

グルコサミンやコンドロイチンのサプリメントを利用する前にぜひご参考にしてください。

グルコサミンサプリメントの副作用とは?

グルコサミンとは私たちの身体の中でも合成される成分です。

サプリメントを摂取する場合、各商品の摂取目安量を守ることで過剰摂取は防げます

体調によってはデメリットを感じる場合もあるため、自分の体調を確認しながら飲むことが大切です。

体調に異変を感じた場合は、すぐにサプリメントを飲むことをやめて、医師に相談するようにしましょう。

サプリメントを飲んで何か身体に異変を感じた場合は、すぐに飲むのを止め、医師に相談するようにしましょう。

グルコサミンを摂取する際に注意したいのが、甲殻類アレルギーを持っている場合です。

グルコサミンサプリメントには、エビの殻やカニの甲羅を原料としてグルコサミンを抽出しているものがあります。

グルコサミンサプリメントを飲む事でアレルギー反応を引き起こす可能性も十分に考えられますので、甲殻類アレルギーがある方は使用を控える、若しくはかかりつけの医師の指示を仰ぐことをおすすめします。

薬や別のサプリメントとの飲み合わせは?

グルコサミンやコンドロイチンが配合されているサプリメントを飲むにあたり、現在服用している他の薬がある方は注意が必要です。

現在、グルコサミンサプリメントと複数の薬において併用を危険視する意見がありますのでご紹介します。

まず、グルコサミンサプリメントを服用した事によって肝障害が起きたという報告があります。

しかし、こういったケースの中には、マルチビタミンなどという他のサプリメントを併用しているケースであったり、持病の薬を服用していたり、もともと肝疾患があったりする場合なども多いみたいです。

グルコサミンやコンドロイチンには、ワルファリンという抗凝固薬を始めとする薬の効果を強めてしまう可能性があると言われています。

ワルファリンなどの抗凝固薬を現在服用している場合はサプリメントを摂取する前に必ず医師に相談するようにしましょう。

また、サプリメントに表示されている摂取目安量を守り違和感を感じた場合は、速やかに医師の診断を受けるようにしましょう。

グルコサミンは適量を守って上手に利用しよう!

グルコサミンやコンドロイチンが配合されているサプリメントを飲むにあたり、自分の健康状態をよく見極める事も大切です。

持病やアレルギーを持っている場合や現在服用している薬がある場合は、薬との飲み合わせによっては、グルコサミンやコンドロイチンが配合されているサプリメントの摂取は控えた方が良い場合もあります

少しでも不安な場合は必ずかかりつけの医師に相談しましょう!!

また、グルコサミンやコンドロイチンは過剰摂取でメリットはありません。

サプリメントというのは、たくさん飲んだからと言って働きがより期待できるというものではありませんので、1日の摂取目安量を必ず守るようにしましょう。

グルコサミンの1日の摂取目安量は、体重に応じて変わりますが1000〜1500mgコンドロイチンの摂取目安量はおよそ1200mgだと言われています。

サプリメントの成分表示などを必ず確認した上で、各商品の摂取目安量を守り、快適なサプリ生活を送ってください。

-グルコサミンについて

Translate »

Copyright© グルコサミンマルシェ【サプリメント徹底比較ランキング】 , 2019 All Rights Reserved.