グルコサミンについて 関節痛について

グルコサミンの働きとは?

投稿日:2017-10-24 更新日:

「歩く」「立つ」「座る」「走る」と言った私たちが普段行っている基本的な動作は、不通に生活している中で何度も、自然に繰り返されるます。

しかし、加齢とともに関節に痛みや違和感が表れると、その動作をスムーズに行う事が難しくなってきます。

そうなってしまうと、歩いていてつまずきやすくなったり、どこかへ出かけるのが億劫だと感じたりする事も増えてしまい、家に閉じこもりがちになる機会が増えてきますよね。

こうした悩みは、多くの方が抱えているのではないでしょうか。

そんな悩みの解消を手助けしてくれる成分が、グルコサミンだと言われています。

グルコサミンは中高年の方に今、話題の栄養素ですよね。

グルコサミンとは、体内で合成する事ができるアミノ糖の一種で、グルコース(アミノ酸)とアミノ酸が結びついた成分の事です。

グルコサミンは、私たちの関節の健康を守り、毎日の動作をスムーズにする為のサポート役と考えられ、色々なサプリメントや健康食品に利用されるようになりました。

では、そのグルコサミンの効果や働きをもっと詳しくご紹介していきましょう。

グルコサミンが軟骨の修復をサポート!

グルコサミンは、関節の動きをスムーズに動かすために重要な役割を持つ「軟骨」を構成する成分のひとつです。

そして、グルコサミンは軟骨の生成を促進させ、軟骨の再生や修復をサポートする働きがあります。

グルコサミンは、軟骨を構成するコンドロイチンを増加させるとして、軟骨細胞の維持に非常に役立つと期待が高まっています。

グルコサミンは、軟骨成分として関節のクッションとして働いているだけではなく、コンドロイチンやヒアルロン酸といった軟骨の水分をキープする成分の原料になります。

つまり、軟骨を守り、スムーズな動きを保つ為の基本となる成分です。

軟骨は、加齢と共にすり減ってしまいます。

軟骨がすり減ってしまうとクッション性が無くなり、骨と骨同士が直接ぶつかってしまい、動作が制限されたり、痛みを感じたりしてしまう事が多くなります。

また、私たちの体内にあるグルコサミンは加齢によって減少し、グルコサミンの生成能力も低下してしまう為、軟骨の修復や再生をする事が難しくなってきます。

軟骨をサポートしてくれるグルコサミンを積極的に補う事が重要であると言えますよね!

関節痛の改善効果も期待できる?

実験結果によると、グルコサミン1500mgを3年間毎日摂取し続けた場合、軟骨が減少する割合は1/5までに低下しただけではなく、膝関節の痛みが減少し、膝関節の機能が改善した、という結果があります。

また、他の実験によると、グルコサミンを1500mg、1000mgをそれぞれ摂取した変形性関節症の患者グループとグルコサミンを含まない偽薬(プラセボ)を摂取した患者グループでは、グルコサミン1500mgを摂取したグループが、歩行や階段昇降などの日常動作や痛みが最も改善した、と評価されました。

グルコサミンは、軟骨の修復や再生に深く関わっていたり軟骨細胞の分化を防いだり、軟骨がすり減って痛みを生じて起こる変形性関節症などの痛みの緩和にも有効なのではないかと考えらるようになってきました。

関節の健康を守るグルコサミン

グルコサミンは、欧米などの諸外国では早くから変形性関節症の治療に使われてきました。

グルコサミンの効果については、動物実験のみならず、人間の変形性関節症についての臨床試験がなされるようになり、その過程によって、さまざまな効果や働きがある事が分かっています。

グルコサミンは、軟骨の再生や修復をサポートし、軟骨を維持する為とてもに役立ちます。

また、炎症を抑える働きもあり、関節痛の予防や緩和にも有効である考えられています。

他には、肌の潤いや肌のハリをキープしたり、血液の流れをよくしたりする働きも期待され、現在も研究や実験が続けられています。

このことから、グルコサミンは毎日の動作をスムーズにしたい方や年齢を重ねてもアクティブな毎日を過ごしたい方、関節の痛みにお悩みの方にとって非常に役に立つ成分であると言えます。

しかし、グルコサミンは食品に含まれている量がとても少なく、十分な量を摂取する事が難しいです。

今は、グルコサミンが配合されたサプリメントや健康食品などがどんどん販売されていますので、毎日、継続的に摂取していきたいものですね。

-グルコサミンについて, 関節痛について

Translate »

Copyright© グルコサミンマルシェ【サプリメント徹底比較ランキング】 , 2019 All Rights Reserved.